占い師のオーディション

占い師として働くことについて

占い師を現在生業としてやっています。元々占いの理論を勉強しており、あくまでも自分自身の人生の指針としてのみ使用をしていたのですが、知人を占った時、「占い師に向いているかもしれないよ」と言われたのがきっかけでした。どうすればなれるのかが分からず、インターネットで調べてみたところ、「電話占い師募集」の広告を見つけました。
元々、電話対応の仕事を10年以上やっていたので、オペレーターが占い師になるだけだと思っていたのですが、その占い会社に所属するためには審査という名のオーディションがあり、面接と実技審査を通過しなければいけませんでした。最初はとても緊張していて、実技審査の時のデモ鑑定の相談内容すら頭に入ってきませんでしたが、心を落ち着かせ、知人を占っていた頃の自分を思い出し、なんとか審査を無事終えました。審査結果は見事、一発で合格です。まさか、占い師募集の試験にすぐに合格するとは思ってもいなかったので、決まった時は嬉しい気持ちでいっぱいでした。
晴れてプロの電話占い師としてやってもう長く経ちますが、今ではお客様と日々向き合い、お客様と共に成長することをモットーに鑑定をしています。ゆくゆくは独立して自分の鑑定事務所を立ち上げることを目標にしています。占い師のお仕事は精神的に辛くなる事もありますが私の鑑定のあとに笑顔で帰られていくお客様の顔を見ると「もっと頑張らなきゃ」という気持ちになります。

占い師募集の書類審査に受かるにはどうしたらいいの

私は今はフリーで活躍している占い師です。しかしフリーではなかなか十分な収入を得ることが難しく、できるだけ近いうちに店舗型の会社に所属したいと考えています。私の経歴は大学時代から霊感が強いほうで、よく友達にタロットカード占いなどをしてあげていました。それがとても評判を呼び、友人の勧めで本格的に養成学校に通いだしたきっかけでした。
まず養成学校に2年ほど通い、それが大学卒業と同時くらいに修了したので、大卒後、大手建設会社の契約社員として働きながら、SNSやホームページ作成などネットを使ってお客様を探して、休日などに鑑定をしています。今はほとんどカフェなどで鑑定することが多いです。
今まで何度か店舗での求人募集に応募したことはあるのですが、なかなか書類審査に合格することができずにいます。書類審査さえ合格したら、占いの実技試験などには自信があります。まず書類審査をどうしたらいいのでしょうか

Written By admin