掛け持ちや副業はできるのか?

掛け持ちで占い師のバイトをする

私は昼間にスーパーでパートとして働き、夜は占い師のバイトをしています。きっかけは子供が私立中学に通うようになり、学費の足しにするためでした。占い師募集の会社を見つける時に、待機時間や待機日数のチェックをしました。そして自分の都合に合う会社を見つけ、そこで働くことにしたのです。
最初の数ヶ月は先輩占い師から占い方や結果の言い方などを指導されました。半年くらい経ち、占いの技術も慣れてきたところで道端にひとつのブースを出し、自分一人で鑑定ができるようになりました。今では自らの技術を磨きながら、後輩の育成にも力を入れています
2つのお仕事を掛け持ちすることはとても大変で疲れます。しかし、やっていてよかったと思うことも多いです。息子は思春期を迎えると、母親の私と距離を置こうとします。占い師を始めたばっかりの時はそのような行動を取る息子の真意がわからず、異常だと思っていました。しかし、占いを通して鑑定すると、多くの方が同じような悩みを持っていて、これが普通なんだと思えるようになりました。この仕事を通してお客さんの悩みを聞くと同時に、自分の悩みも解決できています。

2人の占い師を掛け持ちしていました

私が社会人になりたての頃、仕事でトラブルが続いたため、どうしたらよいかわからず占い師に頼ったことがありました。1人だと少し不安な上に、意見の偏りやマインドコントロールされる危険性もあると思ったので2人の占い師を掛け持ちした経験があります。私の先入観では占いはとても高額なイメージがあったのですが、2人合わせても驚くような金額にはならなかったので助かりました。
占い師を選ぶときは全くつながりがなさそうな2人を選びました。片方で出た占い結果をもう片方には伝えず占ってもらいました。片方の結果を伝えることがもう片方の結果に影響を与えると思ったからです。2人の意見は似ている時もありましたが、全く異なることも多かったです。しかし、意見が一致していても違っていても私は構いませんでした。割れなかった時は素直に従えばいいし、割れたら選択肢が2個あるとポジティブに考えるようになったのです。自分の思考パターンをポジティブに変えてくれた占いを今でも使っています。占いによって人生が左右される事もあるんですよね。私はかなり占いに影響されていると思いますし、占い無しの人生はちょっと考えられないです。

Written By admin