占い師の勤務体系について

勤務体系を選べる占い師の経験

私は昼間は普通のお仕事をしています。数年前から趣味でタロット占いをしており、知人を占っているうちに自信がついてきたので時間が空いている時には電話による占いを行う仕事をしたいと思っていました。そこで、勤務体系を自由に選ぶ事の出来る占い師募集中の会社を探していたのです。占い師募集要項を見てみると、勤務体系の中には、自分の空いている時間を有効に活用して依頼者からの相談を受けることのできる会社がいくつかありました。
昼間は普通の仕事をして働いている私にとっては、夕方からの空いている時間を活用して仕事をする事ができる点は非常に魅力的だと思ったのです。昼間の給料に比べて、占い師として仕事をする上で入ってくるお給料も多いことから、占い師としての仕事を本格的に始める事になりました。勤務体系を選ぶ事ができるために、会社が休みの日は朝から勤務するといったように様々な働き方を選ぶ事が出来るという点でも占い師の仕事はとても効率的だと感じたのです。

かなり融通がきく勤務が出来ます

占い師は基本的に自営業まではいかなくても、かなり働き方に融通がきく職種だと思います。占い師募集中の会社を見てみると、どこもシフトの融通がかなりきく会社が多く、働きやすそうです。対面占いよりも電話占いやメール占いなどが特に、自分の好きな待機時間を選べるし自宅で仕事ができるので、空いた時間にちょこっと鑑定のお仕事…なんてこともできちゃいます!
私は現在某電話占い専門の所に勤務していますが、基本的に1週間単位のシフト制でです。基本的に自分の希望を通しやすいシフトが組めます。電話占いはどうしても平日の夜8時くらいから深夜2時くらいまでが込み合う事が多いため、この辺の時間帯にシフトを組む事が多くなってきます。基本的には予約制をとっていますので、他の先生が急に来れなくなったなどの理由を除いて、予定外の仕事はほぼありません。
このような勤務体系ではありますが、逆に指名が多い方は休みが少なくなりがちです。私の場合はいらっしゃる先生の中では真ん中くらいの人気ですので、月半分くらい働いている感じです。5分限定のミニ占いコーナーがあるのですが、こちらは指名不可のためフリーで誰かしら対応するので、稼ぎたい人はシフトに入れる事も出来ます。占い師って、募集概要を見ていただけると分かるのですがかなり働きやすく定年退職などもないため、ずーっと働けるんですよね